バイトが受からない理由は何?フリーターでバイト決まらないとつらい!!

フリーターで、バイトがなかなか決まらない。会社の条件も満たしているし、服装も清潔を心がけ、受け答えもはっきりと聞き取りやすい声を意識して面接に臨んでいますが、不採用が続いてしまう。

自分では何が悪いのか分からないので、どうしたらよいのか困っています。

スポンサーリンク

自分では悪いところは分からない

見た目や服装、受け答えの仕方など、自分ではしっかりしていて問題ないように思えていても、経営者から見た場合とまた違うかもしれません。自分では案外そういうことには気づかないのです。

受け答えがしっかりしていても表情が暗かったり、笑顔が一切ないと、特に接客業やお客様と接する職種は、不採用になる確率も高くなってしまいます。お客様からどう見られるかということも、重要な要素になってくるからです。

対策としては一度家族や知人に、模擬面接をしてもらい、気になるところを指摘してもらう。客観的に見てもらうことによって、自分では気づかなかったところが分かるようになります。

家族や知人がいない場合は、鏡に向かって練習することも一つの方法です。面接は緊張してしまいますし、受け答えに集中しているので、表情が怖くなってしまいがちです。事前に練習をすることで、いざ面接する時もあまり緊張しないで済みますし、自分がどれだけの笑顔を出せているのか、客観的に知ることもできます。

スポンサーリンク

自己アピールをしっかりとする

応募者が多くてライバルが多い場合は、自分が他の応募者とはどう違うのかしっかりと自己アピールをすることも重要です。

例えば接客業やサービス業などは、繁忙期の時期に休まれては、人手不足になるので絶対に困るわけです。そこであなたが、繁忙期にでもしっかりとシフトに入れるということをアピールすれば、面接官の印象にも残ります。

自己アピールになるものは些細なことでもいいのです。力仕事には自信がある、常に笑顔を心がけている、以前やっていたアルバイトで、お客様から褒められたこと、会社の方から褒められたことなど、ダメ元でもいいので自分に有利になるようなことを必ずアピールすること。

スポンサーリンク

派遣会社に登録する

自分一人で求人を見つけて面接に行くのが何社も続いてしまうと疲れてしまいますよね。

派遣会社にまだ登録していないのであれば、派遣会社に登録することもお勧めです。あなたの希望する職種と条件に合った仕事を、プロの担当者が紹介してくれますので、面接に落ち続けているのであれば一度登録してみることをお勧めします。

無料で登録できるので、一社ぐらい登録して様子を見てみるのも一つの方法です。

面接落ちた
スポンサーリンク
仕事したい人集まれ
タイトルとURLをコピーしました