バイト経験なしのニートがバイトに受かる方法

ニートや引きこもりから卒業して、バイトで働こうと思っても、バイト経験のないニートが面接に受かることができるのかどうか、とても不安ですよね。

資格があるわけでもないですし、履歴書の空白期間もどのように説明していいのか分かりません。

スポンサーリンク

空白期間について詳しく聞かれないバイトを探す

確かにニートや引きこもりにとって、最大の難関は面接です。

面接では必ず空白期間について質問されるでしょう。


ですので面接で質問されても慌てないように答えを準備していくことが必要です。

ただ正社員になるための面接であれば詳しく聞かれるかもしれませんが、明らかに人手不足の職種、絶対にこの期間は人手がいるというバイトの場合は、シフトにしっかり入れる人で、そこまで面接で変な印象を持たれなければ、採用される確率が非常に高いです。

例えば、ニュースでもよく話題になっている人手不足の運送業、配達業、倉庫でのピッキングや仕分け作業など、特に繁忙期などは、期間限定でも大量で募集されている場合が多いです。

スーパーの品出しも一人で黙々と作業ができるのでおすすめですよ。

短時間でも良い場合が多いので、1日8時間働くのが負担なのであればまず最初は短時間からだと抵抗が少ないです。

後はコンビニも人手が足りないですが、接客業ということもあり、バイトの面接で明らかに暗い印象だったり、清潔感がなかったり、第一印象が悪ければ面接で落とされる可能性があります。

ニートから踏み出す第一歩のバイトであれば、面接のハードルが低い人手不足の業界がおすすめです。

スポンサーリンク

暗い印象、はっきりしない印象を与えないことのほうが大事

面接は緊張すると思いますが、できるだけ明るい表情で、ハキハキと受け答えをするように心がけてください。

常に意識しないとなかなかできないことです。

ですので家族や友人に協力してもらい、面接の練習をしてもらうと、本番で緊張しづらくなります。

一人で鏡に向かって練習することも可能です。

自分が喋っている姿って自分で見たことはないですよね。

客観的に見てみると自分がどういう表情で話しているのか分かりますし、緊張のあまり強い表情になっていることもあります。

ですので鏡でチェックしてみてください。

スポンサーリンク

自己アピールを必ずする

ニートや引きこもり、バイトの経験がないということで自分に自信を失っている方が非常に多いです。

しかし別に誰にも迷惑をかけているわけではないので、堂々としていればいいのです。

それで自信を失って、暗い表情でボソボソと小さい声で受け答えをしていても面接には受かりません。

アピールできるほど自分にいいところがないと思ってる方も多いですが、本当にそうでしょうか?「時間はたっぷりありますので、シフトにはたくさん入れます。

皆さんが休みたがる土日祝でもシフトに入ることができます」というのも立派な自己アピールです。

何か資格を持っていなければいけない、とかそういうことは考えなくてもいいのです。

「体力には自信あります」でもいいのですよ。

面接でわざわざ自分にマイナスになるようなことは言わなくていいです。

面接落ちた
スポンサーリンク
仕事したい人集まれ
タイトルとURLをコピーしました